住まいの風景

masamaturi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イエメンの旅・・・サナーの住まい

イエメンのこのような高層住宅は、1、2階が倉庫や家畜たちの住まい、3階以上が居住空間で、男女に分かれて住んでいるそうです。
女性たちの部屋の窓には、覗かれないようにカーテンがしっかりと閉められていました。

最上階は男性たちだけのためのくつろぎの部屋になっていて、美しいレリーフやステンドグラスで飾られています。お客様たちとここでゆっくりカートタイムを楽しむとか・・・ カートとは、見た目はタバコの葉っぱのようなもので、それをほっぺたがピンポン玉のようになるまで口にどんどんほおばり、1時間とか2時間、噛み続けると、徐々に覚醒作用が引き起こされるという嗜好品です。(ちなみに近隣諸国では、使用を禁止している国が多いとか)

現地では、ガイドさんもドライバーさんも、一日に2回はカート市場に立ち寄り、新鮮な若葉を買い求めてほおばっていました。「運転しても大丈夫?」と心配になりましたが、眠気覚ましになるんだそうです。
いずれにしても、所変われば習慣も全く違うということを実感する日々が続きました。

e0037019_232290.jpg
高層の家々は密集して建てられています。
e0037019_1574845.jpg
これが最上階の男性たちの部屋。
e0037019_1583830.jpg
旧市街の商店街。
e0037019_15953.jpg
女性用のスカーフを売っているお店の少年たち。左側の男の子は、カートでほっぺを膨らませています。
腰には一人前にジャンビア(イエメンの護身用ナイフ)を携帯しています。
by masamaturi | 2005-11-18 02:23 | 旅にて

イエメンの旅

このブログの第一回目に掲載した「イエメンの町」を再びご紹介していきたいと思います。

イエメンは、いつか訪れてみたいと長年あこがれ続けていた国です。
首都・サナーの旧市街は、「世界最古の摩天楼都市」と呼ばれ、石と日干し煉瓦で作られた高層住宅群の中を歩いていると、まさしくアラビアンナイトの世界!数百年前にタイムスリップしたような気持ちになります

e0037019_11365385.jpg
旧市街入り口のバーバルヤマン(イエメン門)です。
e0037019_11372927.jpg
イエメン門周辺はいつもこんな風に男性たちが集まって団欒?しています。
e0037019_11382511.jpg
窓回りなど、白い漆喰で塗られています。これは雨季時の雨除けのため、定期的に塗りなおされるそうです。。
e0037019_12171512.jpg
市街中心の住宅屋上からの遠景。
by masamaturi | 2005-11-13 12:22 | 旅にて

東京国立博物館・表慶館へ!

毎回、東京出張に行って楽しみなのは、時間が空いたら、美術館に寄ることです。
昨日は、東京国立博物館の表慶館で開催されている「華麗なる伊万里、雅の京焼 」展に行ってきました。

今まで表慶館は、美術館に転用されたものだろうと思っていましたが、調べてみると大正天皇のご成婚を記念して美術館として計画され、明治42年にオープンしたとか。
設計はコンドルの弟子で、宮廷建築家の片山東熊氏。
同時の美術館のイメージはどんなものだったのでしょうか。外観はもちろん、ホールや吹き抜け空間のレリーフ、階段の手すりひとつにしても、それ自体が美術品のように思えます。

今までも何回か訪れましたが、今回は私の大好きな陶器が展示されており、お互いを引き立てあっているように感じました。

12月4日までは、この展示と北斎展も同時に開催されています。本館もリニューアルされていて、見ごたえたっぷり!
近くにある旧前田公爵邸では庭園が一般公開されています。
一足のばせば、谷中付近には、小さな個人美術館やギャラリーもたくさんあり、、私のお気に入りのコースです。
東京に行かれた時は、ぜひ立ち寄ってみてください。

e0037019_15224890.jpg
イチョウの紅葉がとってもきれいです。
e0037019_15232178.jpg
e0037019_15233962.jpg

by masamaturi | 2005-11-09 15:22 | 建築

坪庭とお蔵のあるカフェ「いなばや」さんへ!

最近、岸和田の実家に帰ると、よく立ち寄るのが「きもととかふぇ いなばや」さん。

友人の建築家・大野鶴夫さんが設計されたカフェで、商店街のファサード事業をきっかけに、築約80年の呉服屋さんをリフォームされたもの。

既存の迫力ある小屋組みや梁を生かしながら、坪庭とお蔵のある風景を楽しめる、とっても居心地のよい空間です。
今日は、夕方に訪れたため暗くて坪庭やお蔵の外観写真を撮れませんでしたが、店内やエントランスの照明の雰囲気を楽しむことが出来ました。

e0037019_23372392.jpg
e0037019_032692.jpg

e0037019_2339536.jpg
この可愛いタイルはどこに使われているのでしょう?
e0037019_2339506.jpg
お蔵の中のテーブルモザイクタイルがはめ込まれていました。
e0037019_2340141.jpg
通りから見た風景。
e0037019_23404815.jpg
お店のエントランスです。

「いなばや」さん
大阪府岸和田市北町1-23
0724-22-0704 
定休日/火曜日・第三水曜日・年末年始・お盆
by masamaturi | 2005-11-07 00:08 | 建築