住まいの風景

masamaturi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:建築( 14 )

Courtyard House湯里が竣工しました。

大阪市住吉区湯里に建つ、14戸の賃貸集合住宅「Courtyard House湯里]
が竣工しました。動画をアップしましたので、実際の建物の様子をご覧ください。

エントランスから中庭へ
http://www.youtube.com/watch?v=Mg5RfvL9ZtI
中庭から見下ろす
http://www.youtube.com/watch?v=_4JvfI2uqT8
二階の住戸
http://www.youtube.com/watch?v=6eI48IcPedU

e0037019_16494267.jpg
e0037019_16511553.jpg
e0037019_16522336.jpg
e0037019_16525649.jpg
e0037019_16535998.jpg
e0037019_16555622.jpg
e0037019_1656239.jpg
e0037019_16573835.jpg
e0037019_16585584.jpg
e0037019_1721355.jpg
e0037019_175631.jpg

by masamaturi | 2010-11-07 17:05 | 建築

コートヤードハウス湯里

最近、ホームページなどの仕事の他、ペーパーベースの冊子やリーフレットなどの仕事を手掛けることが増えました。やはり“印刷物”の編集っていいものです。

その中で「Courtyard House 湯里(コートヤードハウス ゆざと)」という賃貸集合住宅のリーフレット作りは、建築主ご夫妻と設計者と一緒に何度も打ち合わせをしながら制作するというものでした。

Courtyard House 湯里は全14戸の中庭をもつ集合住宅ですが、都会の中でも緑と風と光を感じて暮らしてほしいという建築主と設計者の想いのこもった建物です。
たった一枚のリーフレットですが、そんな想いを伝えたいと私も心を込めて編集しました。

下記のサイトから詳細をご覧いただけます。
菅家設計室ホームページ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kanseo/

e0037019_13413940.jpg


e0037019_13394474.jpg


e0037019_13411593.jpg

by masamaturi | 2010-05-01 23:06 | 建築

お台場 移動美術館

お台場で開催されているノマディック美術館「ashes and snow」へ。
建築家・坂茂氏によって設計された移動美術館は、コンテナと紙の列柱で構成されています。

テント内では、カナダ出身のアーティスト・グレゴリー・コルベール氏が15年以上に渡り撮影した、動物と人と風景が一体となった独特の世界を写真と映像が迫ってきます。
人と象や鷲、オランウータン、豹(ピューマ?)、くじら・・・どうやってあんな風景が撮れたんだろう・・・ただただ驚きです。画像加工は一切していないとのこと。
何か、体と心の中に眠っている未知の感覚が呼び戻されるような不思議な世界です。

6月24日まで開催されています。
e0037019_1253798.jpg

e0037019_12515911.jpg

e0037019_12534265.jpg
e0037019_1254453.jpg
e0037019_12544766.jpg
e0037019_12554286.jpg

by masamaturi | 2007-04-09 12:56 | 建築

東京へその2 東京ミッドタウン

先月末にオープンした東京ミッドタウン。庭園と6つの建物から構成され、想像以上の規模(約10ha)。
実はサントリー美術館がリニューアルオープンしたので訪れてみると,東京ミッドタウンの中にあった・・・ということでした。何より都会のど真ん中にこんな広大な敷地があったということに驚きました。(防衛庁の跡地らしい)
e0037019_12341962.jpg
e0037019_12344321.jpg
e0037019_12361967.jpg
e0037019_1237077.jpg
e0037019_12372525.jpg
e0037019_1238041.jpg

このお店はDOGS DAYSというワンちゃん専門店。美味しそうなフードやおしゃれなグッズがいっぱいあったけど、どれも高くて手がでない・・・
e0037019_12396100.jpg
e0037019_12382660.jpg

奥にみえるのが安藤忠雄さん設計のギャラリー棟「21_21 DESIGN SIGHT」。平屋で地下がギャラリースペース。
e0037019_1240457.jpg

e0037019_12431399.jpg
e0037019_12434093.jpg

ギャラリーでは、この建物の工程を図面、写真、模型などで紹介していました。外国からの取材陣がたくさん来ていました。
by masamaturi | 2007-04-08 13:02 | 建築

東京へ 国立新美術館

昨日は、東京へ日帰り一人旅、9時半東京到着でまる一日、美術館や建築めぐりしてきました。まず最初は今年オープンしたばかりの国立新美術館(設計/黒川紀章氏・日本設計共同体)へ。
「六本木アートトライアングル」(国立新美術館・サントリー美術館・森美術館)のひとつ。
この美術館自体は所蔵品を持たず、常に10以上の同時展示スペースを提供するというもの。

外観は波打つ一面のカーテンウォール。写真で見るより建物の圧迫感がなく、特にタマゴのような緩やかなカーブの壁面は、なかなかキュート!
天井高さ20メートル以上あるアトリウムと展示室というシンプルなプラン。訪れた人たちが、すっとこの空間になじんでいるように感じました。

e0037019_22345143.jpg
e0037019_22354468.jpg
e0037019_22361844.jpg
e0037019_22364917.jpg
e0037019_22371592.jpg
e0037019_22374817.jpg
e0037019_22382752.jpg
e0037019_22411484.jpg
e0037019_22414845.jpg
e0037019_2242835.jpg
e0037019_22424987.jpg
e0037019_22433599.jpg
e0037019_224496.jpg
e0037019_22445190.jpg
e0037019_22454319.jpg
e0037019_224716100.jpg
e0037019_22495312.jpg
e0037019_22502298.jpg
e0037019_2251055.jpg
e0037019_22515741.jpg
e0037019_2252449.jpg

ここは地下1階のミュージアムショップ入り口。オリジナルグッズをショーケースで展示していました。
e0037019_22533731.jpg

初めて見ました、AED。先日、使い方をテレビで見たのですが、いざという時に使えるようになっておきたいです。
by masamaturi | 2007-04-06 22:57 | 建築

常滑散策 その2

常滑は日本六古窯のひとつ。現在も多数の窯場や工房が点在しています。
「やきもの散歩道」という散策コースが作られていて、MAPを見ながらやきものや迷路のような街並みを楽しめるようになっています。

かなり急な坂のある界隈です。
e0037019_23255373.jpg

こんな風に、土管などやきものを利用した擁壁があちこちに。
e0037019_2327147.jpg

これは、子どもたちの作品かな?ほのぼのした良い感じ!
e0037019_23301171.jpg

e0037019_23314943.jpg

これは「常滑屋」というショップと喫茶のお店で注文した煎茶セット。煎茶と栗きんとんとお豆のおやつがついて600円。どっしりした木組みを現した民家風の建物で、ゆっくり過ごせました。
e0037019_2332767.jpg

by masamaturi | 2005-12-10 23:37 | 建築

常滑散策 世界のタイル博物館

昨日は常滑に行ってきました。
私の大好きな美術館のひとつがこの「世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM」です。
山本正之氏がコレクションされた世界各国のタイルをメインとして展示されています。

「無類のタイル好き」の私にとっては、何度行っても見飽きることがなく、本当に出るのはため息ばかり・・・

お向かいにある窯のある広場・資料館も同時に見学できます。こちらには染付け古便器の展示があり、これがまた美しくて、いつか私も自分で染付けした便器を据え付けたいと、心ひそかに計画しています。

タイル博物館外観。
e0037019_16272233.jpg

タイル博物館内部。
e0037019_1620934.jpg

e0037019_16174320.jpg

e0037019_16183599.jpg

土管を焼成していた窯が保存されています。長年にわたり付着した壁の釉薬がとてもきれいです。
e0037019_16245597.jpg

さまざまな染付け便器が展示されています。
e0037019_16221377.jpg


こちらのブログもご覧ください。
by masamaturi | 2005-12-09 16:27 | 建築

東京美術館めぐり 岩崎邸その4

岩崎邸敷地内にあるビリヤード棟。
映画「春の雪」でも、主人公と父親がビリヤードをしているシーンがありました。

外観はこんな感じです。
e0037019_083612.jpg

e0037019_0182315.jpg

ビリヤード棟の内部。
e0037019_093830.jpg

広大な庭から洋館のバルコニーを見たところ。
e0037019_0135938.jpg

by masamaturi | 2005-12-08 00:18 | 建築

東京美術館めぐり 岩崎邸その3

今日は、岩崎邸洋館のモザイクタイルなどのディテールをお楽しみください。
丁寧に作られたものに年月の深さが加わって、いつまで見ていても飽きません。
e0037019_12232061.jpg
e0037019_1223387.jpg
e0037019_1224582.jpg
e0037019_12245010.jpg
e0037019_12259100.jpg


洋館の手洗い・洗面の写真はこちらから
by masamaturi | 2005-12-07 12:29 | 建築

東京美術館めぐり 岩崎邸その2

洋館も素敵でしたが、和室もいろいろなデザインが施されていて、当時の作り手たちがこだわりを持って、楽しみながら作り上げていたのだろうなと感じました。

洋館から和室棟への渡り廊下。
e0037019_23131153.jpg

和室は暗くてうまく取れなかったのですが、これは欄間部分。天井がすごく高い!
e0037019_2372431.jpg

かなり暗い写真ですが、床の間です。
e0037019_2384667.jpg

室内から縁側をみたところ。
e0037019_2393090.jpg

和室棟から洋館の外観を見上げたところ。
e0037019_23103563.jpg

次回は、タイルなどのディテール写真をご紹介する予定です。
by masamaturi | 2005-12-06 23:13 | 建築