住まいの風景

masamaturi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:だんじり祭( 2 )

今年も燃えました!だんじり祭

今年から第3土日に開催されることになった岸和田のだんじり祭。
すごい人出になるかと思いましたが、天候が悪かったので、思ったより少なかったように思います。

雨といえば、だんじり見物では、傘を差してはいけないというのが、マナーです。傘をさすと危険なことと、何より後ろの人が見えにくくなるからです。だからお天気があやしい時は、カッパを用意しましょう!

毎年、だんじり祭が終わると、来年のお祭までの一年間がとてつもなく長い時間に思え寂しくなりますが、お祭を楽しみに一年また頑張ろう!と気を取り直し、それが生きる原動力になっているように思えます。(たぶんだんじり好きの岸和田人はみんな同じ気持ちです)

e0037019_153895.jpg
これが私の町の「まとい」です。各町によってデザインが違います。
e0037019_155632.jpg
右手に見えるのが、寄付金をした人の名前を掲げたボード。(この町は提灯)
e0037019_16823.jpg
e0037019_17735.jpg
後ろ姿も美しい。
e0037019_174016.jpg
実家の二階から見たところ。おなかに響く、笛、太鼓の囃子がたまらない!
by masamaturi | 2006-09-18 01:32 | だんじり祭

今年もパワー炸裂のだんじり祭!

私が生まれ育った大阪・岸和田のだんじり祭。
「危険なお祭と違うの?」とよく聞かれますが、地元の人々にとっては、一年で一番大切な行事であり、だんじり祭のない人生なんて考えられないのです。

私も22歳までだんじりを曳き、甥っ子、姪っ子が出来てからは、子供たちの手を引いて3年前までは、ずっと一緒にだんじりの後ろを走っていました。
急な坂を一気に駆け上がる宮入の時の興奮は、忘れられません。

今年もだんじりが家にぶつかる所を目撃したり、交差点でのやりまわしをたっぷり見物してきました。お祭の後は、しばらく笛や太鼓のお囃子が耳をついて離れず、次のお祭まであと一年もどうやって待とう・・・と途方にくれてしまうのですが、気を取り直し、来年のお祭を楽しみに待つことにします。
e0037019_17544383.jpg
e0037019_17551427.jpg
e0037019_17553899.jpg

by masamaturi | 2005-09-17 17:55 | だんじり祭