住まいの風景

masamaturi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

私が育った住まい

私が育った岸和田の実家は、築約300年くらい。
子供の頃は、住まいに関する禁止事項が多くて、洋風の住まいに憧れていましたが、大人になってからは日本住宅の住まいのよさがよく分かるようになりました。

子供の頃の禁止事項
その1 座敷など走ってはいけない(わざと走っていた)
その2 畳や障子などはもちろん大切に!(いっぱい穴を開けていたずらした)
その3 庭の苔を踏んではいけない(飛び石を全力疾走で走って遊んだ)
その4 祖父母の離れに勝手に入ってはいけない(写真の井戸のある中庭脇に離れがあった)
その5 お蔵には入ってはいけない(お化けが出そうで一人では入れなかった。いたずらすると閉じ込められる)
などなど・・・・

不思議なお話
その1 二階の奥に開かずの間がある(私は中学校の時屋根伝いにのぞいたことがあるが、母は今も近づかない)
その2 この住まいで生まれ育った叔母は70歳になった今も言いつけを守って、お蔵に入ったことがない
その3 大きな仏壇は、火事の時には床下にドスンとまるごと収納できるようになっているらしい(これは絶対ウソのはず)
その4 お蔵で昔、醤油の樽があって、夜になるとたぬきの親子がそれを舐めに来ていた(祖母談)
その5 祖父が白い大蛇を捕まえてたらいを伏せて捕獲しておいたら、翌朝別の白蛇がたらいの周りに髑髏をまいていて、さすがに怖くなって逃がしたとか・・・(これは本当らしい)

謎のある住まいって、今思うととても貴重な住体験だったんだなあとつくづく感じます。

e0037019_1224337.jpg
e0037019_12252776.jpg
e0037019_12255452.jpg
e0037019_12262936.jpg
e0037019_12265835.jpg

by masamaturi | 2007-03-26 13:04 | 住まい